ARCHIVE  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< USJ | main | あと少し >>
2018.05.28 Monday

ユニコーン

待ち遠しくて定期購読を申し込んだ、フラワーズが届きました。

発売日前に届いて驚いた。

 

先月号の2016年ミュンヘンという予告に、エドガーと、落ちる薔薇で足元が隠されたアラン。

エドガー....あれからどうしたんだろう。

メリーベルやアランの面影を追って、誰かと静かに過ごしているんだろうか。

予告にアランがいるのは出てくるから?回想?幻?

ファルカの不思議な力設定が出てきた事もあり、色々と想像して待っていました。

 

まず表紙の美しさにときめき、このスーツってあのスーツぽい...?(しかも2016年頃の)なんてソワソワしながら本編を読み、

 

(え?そんな....。あぁ....エドガー....!)

 

と心乱され、読み終わったらじんわりと涙が出てきた....。

1日1回は仕事しながら「ポーの一族」の宝塚のCDを聴くのですが、読み終わってから更に切ない。

「ぼくに残されたもの、それは...」でその後を想像して更に泣きそうになる。重症です。

もうポーの一族が、萩尾先生が大好き。

そしてまんがのエドガーの声が完全に明日海さんで再生されるようになっていた(笑)

 

また1ヶ月、ソワソワ次号を待つ事になりそうです。

 

 

観劇レポのマンガも面白かった。

私もこの時代、この場所に生まれて良かったです(笑)

コメント
コメントする