ARCHIVE  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< 携帯ゲーム機 | main | オーダー受付再開予定 >>
2018.03.04 Sunday

ポーの一族

先月、友人のおかげで宝塚歌劇の「ポーの一族」を観劇する事が出来ました。

 

大好きな作品なので、実写化は怖いのですが、

宝塚という、既に少女漫画の世界の様な方達でなら大丈夫だろうという安心感。

 

ポスターの写真を見て、目がエドガーそのもの!と当日までソワソワしておりました。

そして、念願の初宝塚でしたので、ルールや服装を調べて失礼の無い様にしなければ!と、色々検索をしました(笑)

 

 

当日。

公演メニューのランチを戴き、グッズを...と思ったらショップは行列。

欲しかったバッグや紅茶は既に売り切れでしたので、少しだけグッズを見てまわり、劇場内でプログラムを購入。

 

 

公演は、2次元...というか、USJのCMでやっている、肉眼で3Dな作品だったかと思う位の別世界。

衣装もセットも素晴らしく、見たい所ばかりで、時々エドガーを見失う程でした(笑)

 

シーラは存在も歌声も可憐だし、メリーベルはとっても可愛らしい!

エドガーはやっぱり青年な感じなのかしらと思っていましたが、動くエドガーはしっかり少年。

最後の制服が「トーマの心臓」の制服ぽくて勝手にときめきが増しました。

 

 

フィナーレのレビュー(?)がすぐに始まると思っていなかったので、

うわぁー!宝塚だー!と圧倒されました。

ラインダンスの羽がふわんふわん可愛かった...。

 

とにかく、もう一回観たい!と心の底から思った公演でありました。

ブルーレイはしっかり予約したので、届くのが待ち遠しいです。

 

 

帰宅後、メリーベル役の華さんが気になったので、柚香さんも出演されている

「はいからさんが通る」のDVDを買おうかと思ったら、DVD販売はしていないそうな....残念。

何処かで配信してくれないかしら。

コメント
コメントする